HOME > オレンジ・ジャーナル

オレンジ・ジャーナル

「木の家具と豆本展7」に参加します

「木の家具と豆本展7」工房双葉&まめほんchor.
会期:2017年9月16日(土)・17日(日)・18日(月・祝)11:00〜16:00 【入場無料】
会場:小江戸蔵里(こえどくらり) 広場(屋外)
※雨天・荒天の場合は、つどい処展示蔵(屋内)での展示に変更になります。つどい処展示蔵は「おみやげ処」や「くら市場」のさらに奥にあります。
アクセス:JR・東武東上線 川越駅より徒歩15分/西武新宿線 本川越駅より徒歩3分
※駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。
主催:工房双葉  まめほんchor.

木の家具と豆本の展示・販売、豆本ワークショップ(予約不要)を行います。
オーダー家具のご注文も承ります。

木の小物と雑貨・豆本のがちゃぽんあります。1回100円。※両替はできません。




「木の家具と豆本展7」に参加します。
毎年恒例の、川越のイベントです。


販売物は以下の予定。

「きみがわるい」

「赤いサファイア」
「お祭りの旗」
「星のお客さま」
「スパンコール・ララバイ」
「キンモクセイ」
「あじさい染め」
「蔵」
「良いクラッカー」

「超短編豆本 2017年春ノ巻」
「夕日向きの路地」
「超短編豆本 2017年夏ノ巻」
「豆暦2018」

がちゃぽんには、「春の夜」が混ざります。



豆本サイズの折本ペーパー「オレンジ・ジャーナル・エクストラ」
自分で切って折って作るペーパーです。
写真付きの作り方はこちら。豆本サイズの折本ペーパーの作り方
※定規・カッター・カッターマット・糊・はさみなどが必要です。詳細は作り方をご覧ください。

上記は2016年号ですが、2017年夏号も持って行くかもしれません。

【追記】
A4サイズを折り曲げられなくて、扱いが難しいので、
再配信しました。

ネットプリント(セブンイレブン)【9月23日まで】
オレンジ「謎を持つもの」:94495585
ピンク「彼のツノ」:38686441
※7月発行版の再配信です。

作り方の質問などがありましたら、お気軽にどうぞ。



今回も、蓮月堂さんによる豆本ワークショップが開催されます。
予約不要です。


という感じで、よろしくお願いします。




雨天・荒天の場合は、つどい処展示蔵(屋内)での展示に変更になります。つどい処展示蔵は「おみやげ処」や「くら市場」のさらに奥にあります。

| お知らせ | 23:57 |

豆本カレンダー「豆暦2018」を作っています

来年の豆本カレンダー「豆暦2018」を作っています

2018年1月から12月の、月曜はじまりのカレンダーです。



表紙も本文もいつも通りです。





表紙はタントなど、いろいろあります。
綴じ糸もいろいろです。
表紙のタイトルは白か黒のどちらかです。
本文は全て同じです。

※祝日は、2017年8月時点での歴要項を元にしています。


最初の販売は、9月16・17・18日に埼玉県川越市の小江戸蔵里で開催する「木の家具と豆本展7」です。
選べるバラ売りです。

そのあと、架空ストアで通販します。
選べないバラ売りです。

そのあと、10月28日に浅草の都立産業貿易センター台東館で開催される「第6回Text-Revolutions(テキレボ)」で、超短編付きの3個セット版を販売します。
台紙に印刷された超短編のイメージで色を組み合わせたセットです。

イベントの参加予定はこちらです。
年内の直接参加のイベントは、たぶんこの2つで終わると思います。

そのあと、タイミングが合えば豆本がちゃぽんに混ざるかもしれません(未定)。
年明けてからも販売する機会があるかもしれませんが、未定です。

そんな感じでよろしくお願いします。


【追記11/7】
今後の販売予定ですが、
2018年1月21日(日)の文学フリマ京都で、超短編付きの3個セットを販売します。
架空ストアでは、2018年1月末まで、通販を継続します。(選べないバラ売り)
以上です。
(豆本がちゃぽんでの販売はありません)
| 出力:豆本 | 19:06 |

豆本がちゃぽんTokyo第39集に豆本が混ざります

豆本がちゃぽんTokyo第39集に豆本が混ざります。

「夕日向きの路地」



「超短編豆本 2017年夏ノ巻」



合計4種類です。
(何が出るかは選べません)


神保町の東京堂書店では7月23日から、
本厚木の有隣堂厚木店では近日開始予定です。
| お知らせ | 20:10 |

豆本「超短編豆本 2017年夏ノ巻」ができました。

豆本「超短編豆本 2017年夏ノ巻」ができました。



それぞれ、超短編が1編収録されています。


「玄関マット」
タントが表紙。遊び紙は色上質紙。
本文8ページ。

内容に合わせて、表紙に穴が開いています。


「風雨」
新星物語が表紙。遊び紙はOA用紙。
本文8ページ。

内容に合わせて、表紙にグラデーションを印刷して、斜めに切ってます。


「半折りたたみ傘」
新星物語が表紙。遊び紙は色上質紙。
本文4ページ。

表紙に、傘っぽいようなよくわかんないような模様を印刷して、切り取りました。


「2017年春ノ巻」は、綴じ糸が色違いの2本取りだったのですが、
これが地味にすごく大変で、
今回は1本だけで綴じてます。
(強度は1本でも特に問題ありません。春は「渚のさなぎ」があったから2本にしたかっただけです)


「2017年春ノ巻」と揃えるとこんな感じ。




次回の豆本がちゃぽんTokyoに混ざります。
| 出力:豆本 | 17:13 |

豆本「夕日向きの路地」ができました

豆本「夕日向きの路地」ができました。



「あじさい染め」「スパンコール・ララバイ」「キンモクセイ」と同じシリーズです。
季節の花シリーズ??

本文はこちら。
「夕日向きの路地」

本文にひまわりは出てこないのですが、表紙はひまわり畑です。
タイトルのマークもひまわりをイメージしてます。

表紙。



裏表紙。



本文は折本です。
短いので、綴じてはいないです。
久しぶりにすごくシンプル。


次回開催の豆本がちゃぽんTokyoに混ざる予定です。
このがちゃぽん用にはあと1種類作る予定です。

あと、たぶん9月の「木の家具と豆本展」にも出します。
余ったら、10月のテキレボにも持って行くと思います。
「あじさい染め」を再製作して、全種類揃えようか迷っているところ。
| 出力:豆本 | 14:17 |

「神保町いちのいち」名古屋店でも豆本を取り扱っていただいています

「神保町いちのいち」名古屋店でも豆本を取り扱っていただくことになりました。



神保町店、池袋店でも引き続き取り扱っていただいています。

店舗によって取り扱い作品が違うと思いますので、ご了承ください。
(取り扱い作品や在庫は店頭でご確認ください)



東海地域に豆本を常設していただくのは初めてです。
(というか、名古屋のイベントに出た記憶がないので、完全に初めてかもしれないです)

見本を手に取ってご覧いただけるので、お近くの方はぜひどうぞ。

神保町いちのいち名古屋店
〒450-6608
愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1番3号
タカシマヤゲートタワーモール8階
三省堂書店名古屋本店内
営業時間10:00〜21:00
詳細(公式サイト):神保町いちのいち - 名古屋店



| お知らせ | 21:51 |

豆本「きみがわるい」赤表紙版

豆本「きみがわるい」の新表紙版を作りました。

新しい表紙は赤い和紙です。



角布は紫の和紙です。



綴じ糸も、ちょっと色が変わっています。
前回よりひとつ黄色寄り。

中身は同じです。


再製作するかどうか迷ってたのですが、
注文いただいたりしたので、
作ることにしました。

最初の販売は、5月7日の文学フリマ東京で、
そのあと、架空ストアの通販にも出します。
(神保町いちのいちにも取り扱っていただく予定ですが、他のも作らないとならないので時期未定です。すみません)
| 出力:豆本 | 15:38 |
<< | 2 / 14 | >>