HOME > オレンジ・ジャーナル

オレンジ・ジャーナル

<< 架空ストアで新刊の文庫を販売します | 最新記事 | 第二回文学フリマ京都に参加します >>

謎の連作掌編「都立庭園物語」が完結しました

謎の連作掌編「都立庭園物語」が完結しました。

カクヨム版はこちら。
「都立庭園物語」@カクヨム

note版はこちら。
「都立庭園物語」@note



なんとなく突然、
実際の場所を舞台にした話を書こうと思いついて、
勢いで始めた連載です。

途中から謎な方向に進んでいくけれど、
「夢オチ」的な感じで、最後は現実に戻るようにしようとしてました。
なんとなく例外っぽく見えるのもあるかもしれないですが。

私、どこかに行くとか何かをやってるときに、ちょっと変なことが起きる想像をして、
それを、おかしなところから始めて現実に戻ることがないまま終わらせる、
みたいな感じで超短編を書くことがあるので、
逆に、そのまま書いたらどんな感じかな、と思ったりもしてました。
(全部がそうではないですが)

主人公は住んでる場所も決めてたのに、全然出て来なかったです。

旧岩崎邸庭園とか小石川後楽園とか、旧古河庭園もそうかな、
一般的な(?)別の話題から入ったのが、書いたあとでなんとなく楽しくて。
論文っぽい気がして。

逆に第一話の浜離宮恩賜庭園は、
行く前にある程度作ってたので、だいぶ小説っぽくなってます。
後から見ると浮いてる気もしてるんですが。。。
うーん。

浜離宮と旧古河庭園と六義園は、どういうおかしなことが起こるのか考えてから行きました。
他のは全部現地調達です。

庭園は、以下のサイトを参考にしています。
「庭園へ行こう。」東京都公園協会
http://teien.tokyo-park.or.jp/

紅葉シーズンにスタンプラリーやってたみたいでした。
途中で知ったんですが、今確認したら、私、期間中に5庭園回ってたので、
スタンプ集めたら良かったのに。
カレンダーの先着には間に合ってなかったみたいですが。


最初、カクヨムにだけ載せてたんですが、
noteにも掲載したら、noteの方が合ってたみたいで
(私の書くものは全体的にそうなのかもですが)
いいねをたくさんもらいました。
その差が興味深かったです。


ずっと「謎の連作掌編」ってつけてたのは、
意味も目的も、最後の展開も、私にもよくわからなかったからです。
「書きたい」以外のものが何もなかったです。

なので、今はもう楽しかったなーとしか言えない感じ。
おもしろかったんで、そのうち、また何か同じ感じで書きたいです。
| お知らせ | 23:47 |