HOME > オレンジ・ジャーナル

オレンジ・ジャーナル

<< 豆本がちゃぽんTokyo第34集に豆本が混ざります | 最新記事 | 「架空非行」第9号に作品を掲載していただきました >>

超短編作品集「初夏の描き方」ができました

超短編作品集「初夏の描き方」ができました。



クラフト紙の表紙シリーズです。
この表紙で3冊作ろうと思ってたので、次に作るとしたら違う紙になると思います。

青系のインクで、ベタ少なめにしたらなんだか地味になってしまったかも。
下半分は、ストライプになっています。



裏。



遊び紙は色上質。


最初に「凡例」が入っています。
そしたら、最後どうなるのかがなんとなくわかるかと思いますが。

本文はこんな感じで。






収録作は以下です。
凡例
私の絵
製図
いとおしい人
雨と薔薇
旅行者たちと
五月の甘い雨
    ・五月一日
    ・五月二日
    ・五月九日
    ・五月十二日
    ・五月十四日
    ・五月十八日
    ・五月二十日
    ・五月二十三日
    ・五月二十八日
    ・五月二十九日
    ・五月三十一日
綿あめの糸
スポンジ

夢のゆくえ

ほとんど今サイトで読めます。
(それがいいのか悪いのかわかりませんが、今回はこんな感じでまとめてみようかな、と)

初夏、描く、図的な絵的な感じのモチーフ、
みたいなのをキーワードにして、
あと季節感があまりないやつもいれたりしてみました。


「五月の甘い雨」は、2010年と2011年の5月の日付日記(日付がタイトルの日記風の文章)から、抜粋しました。
なんか、やたら雨が降ってました。
「五月の甘い雨」はレイアウトを変えてます。横書き。




制作メモをnoteに書きました。
ほぼ同じことが書いてありますが、写真はnoteの方が大きいです。
冊子「初夏の描き方」ができるまで | 葉原あきよ | note
販売は、5月4日の文学フリマです。
だいぶ先ですが、時間なさそうなので先行して作りました。
| 出力:その他 | 00:53 |