HOME > オレンジ・ジャーナル

オレンジ・ジャーナル

在庫少ないものまとめ

先日は、文学フリマ東京、ありがとうございました。

次回は、7月16日(月・祝)「テキレボ」に参加します。
東京・浅草です。

在庫が少ないものまとめておきます。
※架空ストアの在庫数は2018/5/11 22:00時点のものです。

「彼と彼女のベクトル」


手元に在庫は1冊です。
架空ストアに在庫は1冊です。
5月末になったら架空ストアから取り下げます。
少なくとも1冊はテキレボに持って行けますが、確実に入手したい方は5月末までに架空ストアでお求めください。
架空ストアの商品ページ(ネット通販)

「パンドラ」


手元に在庫はありません。
架空ストアに在庫は4冊です。
5月末になったら架空ストアから取り下げます。
テキレボに持って行けるかどうかは架空ストアの売り上げ次第です。
確実に入手したい方は5月末までに架空ストアでお求めください。
架空ストアの商品ページ(ネット通販)

文庫「緑、黄、赤、そして青」
手元に在庫は2冊です。
架空ストアに在庫は3冊です。
5月末になったら架空ストアから取り下げます。
少なくとも2冊はテキレボに持って行けますが、確実に入手したい方は5月末までに架空ストアでお求めください。
架空ストアの商品ページ(ネット通販)

ちなみに、文庫「彼女は鳥かごの中」は、手元に6冊、架空ストアに2冊です。
こちらも、5月末になったら架空ストアから取り下げます。
架空ストアの商品ページ(ネット通販)

さらに、冊子「夜のいずれか」は、手元に11冊あります。
架空ストアには1冊です。
こちらは、5月末になっても架空ストアで販売しつづけます。在庫がなくなった場合に再入荷されるかどうかはテキレボの売り上げ次第です。
架空ストアの商品ページ(ネット通販)



そんな感じです。

テキレボの新刊は「ペットボトルメール・横」です。
同じコンセプトの旧作「ペットボトルメール」も再販売予定です。
どちらも架空ストアで購入いただけるようにするつもりですが、通常販売ではなくて予約販売にしようかと思っています。
(自家製本なので在庫を余らせたくないため)
架空ストアの予約販売について。
また近くなったらお知らせします。


よろしくお願いします。
| お知らせ | 22:20 |

第二十六回文学フリマ東京に参加します

第二十六回文学フリマ東京
日時:2018年5月6日(日)11:00〜17:00【入場無料】
会場:東京流通センター 第二展示場
アクセス:東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
文学フリマ公式サイト「第二十六回文学フリマ東京 開催情報」

スペース番号:E-41(1階Eホール)
サークル名:オレンジ宇宙工場
(カテゴリーは「小説|短編・掌編・ショートショート」です)

配置図:配置図@文学フリマ公式サイト
Webカタログ:オレンジ宇宙工場(E-41)



第二十六回文学フリマ東京に参加します。

配置は、E-41。
1階の奥の方です。




販売物は以下です。

★冊子
「夜のいずれか」 【文フリ東京では初売り】
超短編作品集。1月の文フリ京都での新刊です。



「パンドラ」
超短編20編収録。
災いから希望まで、めいっぱい詰め込みました。
【残部少】

「彼と彼女のベクトル」
恋愛風味な掌編4編収録。
恋愛未満からハッピーエンドまで、四種類の彼と彼女を取り揃えました。
【残部少】

★文庫
「彼女は鳥かごの中」
長編の文庫です。
未来×特異体質×パンづくり=ラブストーリー(?)

彼女は鳥かごの中番外編「緑、黄、赤、そして青」 【文フリ東京では初売り】
体質のせいで隔離されて暮らす少女たちが一歩踏み出す物語。
後日談含む番外編1と2の2編を収録。本編から読むことをお勧めします。

全文試し読みはこちら。
自サイト版
カクヨム版


★既刊のコピー誌
「余計なこと全部―超短編とそれを邪魔する情報―」
超短編と、それに関する余計な情報をまとめました。
だいたい蛇足で、超短編を読むのには邪魔になるかもしれないことばかり書いてあります。



豆本は、以下です。
★和綴じ
「きみがわるい」
★季節の花シリーズ
「あじさい染め」
「スパンコール・ララバイ」
「キンモクセイ」
「夕日向きの路地」
★超短編豆本シリーズ
「超短編豆本 2017年春ノ巻」
「超短編豆本 2017年夏ノ巻」【文フリ東京では初売り】
★変形豆本
「お祭りの旗」【残部少】
「良いクラッカー」
文章雑貨「切手の裏」
★その他100円豆本
「蔵」【残部少】
「赤いサファイア」【残部少】
「春の夜」【文フリ東京では初売り】


豆本サイズの折本ペーパー「オレンジ・ジャーナル・エクストラ」
自分で切って折って作るペーパーです。
写真付きの作り方はこちら。豆本サイズの折本ペーパーの作り方
※定規・カッター・カッターマット・糊・はさみなどが必要です。詳細は作り方をご覧ください。



フリーペーパーも配布します。
Webで公開中の2編、
普段よりちょっと長めの掌編「魔女の子どもたち」と、
超短編「出てゆく年、帰ってくる年」を収録しています。
A4両面カラー(オンデマンド印刷)
★同じものを、4/25から、架空ストアにて先行配布していただいています。


よろしくお願いいたします。


※7/16にテキレボにも参加する予定があります。
テキレボの新刊は、「ペットボトルメール・横」です。
それ以外は、文フリ東京の在庫次第です。
冊子や文庫、残部の少ないものを確実に入手したい方は、文フリ東京か通販をご利用ください。
通販:架空ストア 商品一覧
| お知らせ | 00:27 |

豆本がちゃぽんに「小さな歯車」が混ざっています

豆本がちゃぽんTokyo第40集に、オレンジ宇宙工場の豆本「小さな歯車」が混ざっています。



神保町の東京堂書店では2月23日から開始されています。本厚木の有隣堂厚木店では近日開始予定です。

今回は、香港からの作家さんも加えて合計5作家の豆本が混ざっています。


「小さな歯車」は、レジン用の歯車パーツを挟んだカード型の豆本です。表紙はタントで色はいろいろです。歯車の形も何種類かあります。
2センチ×2センチ。参加作品の中では一番小さいです。



※最近は、がちゃぽん用の豆本を同人誌即売会等のイベントでも販売していたのですが、今回は材料と制作時間がギリギリだったので余分を作っていません。
| 未整理 | 13:17 |

第二回文学フリマ京都に参加します

第二回文学フリマ京都
日時:2018年1月21日(日)11:00〜16:00【入場無料】
会場:京都市勧業館 みやこめっせ 1F 第二展示場C・D(京都市・岡崎)
文学フリマ公式サイト「第二回文学フリマ京都 開催情報」

スペース番号:き-36
サークル名:オレンジ宇宙工場
(カテゴリーは「小説|短編・掌編・ショートショート」です)

配置図:配置図@文学フリマ公式サイト
Webカタログ:オレンジ宇宙工場(き-36)



第二回文学フリマ京都に参加します。

配置は、き-36。
真ん中あたりです。




販売物は以下です。

★新刊
「夜のいずれか」
超短編作品集




★文庫
「彼女は鳥かごの中」
長編の文庫です。
未来×特異体質×パンづくり=ラブストーリー(?)

彼女は鳥かごの中番外編「緑、黄、赤、そして青」
体質のせいで隔離されて暮らす少女たちが一歩踏み出す物語。
後日談含む番外編を2編収録。本編から読むことをお勧めします。

全文試し読みはこちら。
自サイト版
カクヨム版


★既刊の冊子
「パンドラ」
超短編20編収録。
災いから希望まで、めいっぱい詰め込みました。

「彼と彼女のベクトル」
恋愛風味な掌編4編収録。
恋愛未満からハッピーエンドまで、四種類の彼と彼女を取り揃えました。


★既刊のコピー誌
「余計なこと全部―超短編とそれを邪魔する情報―」
超短編と、それに関する余計な情報をまとめました。
だいたい蛇足で、超短編を読むのには邪魔になるかもしれないことばかり書いてあります。



豆本は、以下です。
★上製本
「酸化と還元」
★和綴じ
「きみがわるい」
★季節の花シリーズ
「あじさい染め」
「スパンコール・ララバイ」
「キンモクセイ」
「夕日向きの路地」
★超短編豆本シリーズ
「超短編豆本 2017年春ノ巻」
「超短編豆本 2017年夏ノ巻」
★変形豆本
「お祭りの旗」
「良いクラッカー」
文章雑貨「切手の裏」
★その他100円豆本
「蔵」
「赤いサファイア」
「春の夜」


豆本カレンダー「豆暦2018」超短編付き3個セット版
Webで公開中の超短編を台紙に印刷、そのイメージで表紙の色を組み合わせました。


豆本サイズの折本ペーパー「オレンジ・ジャーナル・エクストラ」
自分で切って折って作るペーパーです。
写真付きの作り方はこちら。豆本サイズの折本ペーパーの作り方
※定規・カッター・カッターマット・糊・はさみなどが必要です。詳細は作り方をご覧ください。



フリーペーパーも配布します。
新刊の「夜のいずれか」に収録の「位置について」に関連して、
「夜夜中」と「飛ぶために必要ないくつかのこと」を再録。
あと「都立庭園物語」から2話を収録しています。
A4両面カラー(オンデマンド印刷)



よろしくお願いいたします。
| お知らせ | 13:41 |

謎の連作掌編「都立庭園物語」が完結しました

謎の連作掌編「都立庭園物語」が完結しました。

カクヨム版はこちら。
「都立庭園物語」@カクヨム

note版はこちら。
「都立庭園物語」@note



なんとなく突然、
実際の場所を舞台にした話を書こうと思いついて、
勢いで始めた連載です。

途中から謎な方向に進んでいくけれど、
「夢オチ」的な感じで、最後は現実に戻るようにしようとしてました。
なんとなく例外っぽく見えるのもあるかもしれないですが。

私、どこかに行くとか何かをやってるときに、ちょっと変なことが起きる想像をして、
それを、おかしなところから始めて現実に戻ることがないまま終わらせる、
みたいな感じで超短編を書くことがあるので、
逆に、そのまま書いたらどんな感じかな、と思ったりもしてました。
(全部がそうではないですが)

主人公は住んでる場所も決めてたのに、全然出て来なかったです。

旧岩崎邸庭園とか小石川後楽園とか、旧古河庭園もそうかな、
一般的な(?)別の話題から入ったのが、書いたあとでなんとなく楽しくて。
論文っぽい気がして。

逆に第一話の浜離宮恩賜庭園は、
行く前にある程度作ってたので、だいぶ小説っぽくなってます。
後から見ると浮いてる気もしてるんですが。。。
うーん。

浜離宮と旧古河庭園と六義園は、どういうおかしなことが起こるのか考えてから行きました。
他のは全部現地調達です。

庭園は、以下のサイトを参考にしています。
「庭園へ行こう。」東京都公園協会
http://teien.tokyo-park.or.jp/

紅葉シーズンにスタンプラリーやってたみたいでした。
途中で知ったんですが、今確認したら、私、期間中に5庭園回ってたので、
スタンプ集めたら良かったのに。
カレンダーの先着には間に合ってなかったみたいですが。


最初、カクヨムにだけ載せてたんですが、
noteにも掲載したら、noteの方が合ってたみたいで
(私の書くものは全体的にそうなのかもですが)
いいねをたくさんもらいました。
その差が興味深かったです。


ずっと「謎の連作掌編」ってつけてたのは、
意味も目的も、最後の展開も、私にもよくわからなかったからです。
「書きたい」以外のものが何もなかったです。

なので、今はもう楽しかったなーとしか言えない感じ。
おもしろかったんで、そのうち、また何か同じ感じで書きたいです。
| お知らせ | 23:47 |

架空ストアで新刊の文庫を販売します

架空ストアで新刊の文庫「緑、黄、赤、そして青」を販売します。
通販ページはこちら

「彼女は鳥かごの中」の番外編です。
番外編ですが、後日談を含むので、ネタバレが気になる方は本編を先に読むことをおすすめします。
本編も架空ストアで販売中です。
「彼女は鳥かごの中」通販ページ



本編よりだいぶ薄いです。


架空ストアでは、フリーペーパーも配布していただいています。
何か買うと同封してもらえますので、ぜひ。
(10/28のテキレボで配布したものと同じです)
| お知らせ | 00:01 |

9月21日から架空ストアで「豆暦2018」を販売します

9月21日から架空ストアで「豆暦2018」を販売します。
商品ページはこちら



9月21日午前9時から10時は、抽選販売時間です。
その間はお一人様1個ですが、10時以降の通常販売になると何個でも注文いただけるようになります。

在庫はいっぱいありますので、10時発売と考えていただいて大丈夫です。



架空ストアでは、バラ売りです。
何が届くかは選べません。

井の頭倉庫では選べます。
開店日・時間等は、架空ストアのサイトや公式ツイッターをご参照ください。




よろしくお願いいたします。


| お知らせ | 21:42 |
| 1 / 14 | >>